/

この記事は会員限定です

仮想通貨、株と相関性高まる コロナ禍の金融緩和で

Up&Down

[有料会員限定]

2021年11月に史上最高値をつけた暗号資産(仮想通貨)のビットコイン。インフレのリスクを回避できるなどとして投機マネーが殺到したが、足元では価格が急落し、最高値比で半値近くにとどまる。市場では金利変動などの影響を受けやすい株式との相関性が新型コロナウイルス禍を経て高まったのが一因との見方が出ている。

「今回の仮想通貨の下落は、(株など)伝統的な金融市場の変動と相関が高まっていることを浮き彫りに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り339文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン