/

ガソリン価格、1円高の174.9円 4週連続値上がり

資源エネルギー庁が29日発表したレギュラーガソリンの店頭価格(全国平均、27日時点)は前週に比べて1円高い1リットル174.9円だった。4週連続で値上がりした。政府は石油元売りなどに補助金を配ってガソリン価格を抑えている。30日から1週間の補助額は38.4円になる。

政府は1月から石油元売りなどに補助金を支給して給油所への卸値を抑え、販売価格の上昇に歯止めをかけてきた。23~29日分の補助額は40.5円、価格の抑制効果は39.2円だった。

7月4日時点のガソリン価格は、補助がなければ209.8円になると見込む。抑制目標の168円との差は41.8円。補助上限35円に、それを超えた分の半分の補助3.4円を上乗せし、6月30日から1週間の補助金支給は38.4円になる。

ガソリン価格は、原料である原油の相場を反映する。国際的な価格指標であるニューヨーク市場のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物(期近)は足元で1バレル110ドル前後と前年同期に比べ約5割高い。ロシアからのエネルギー供給の減少に加え、中東産油国の供給余力が乏しいとの観測がある。中国政府は新型コロナウイルス感染防止の水際対策を緩和する姿勢を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン