/

ロシア7銀行をSWIFTから排除 EU決定、最大手は対象外

think!多様な観点からニュースを考える

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)は2日、ロシアへの追加の経済制裁として同国2位のVTBバンクなど大手7行を国際的な資金決済網「国際銀行間通信協会(SWIFT)」から排除すると決めたと発表した。ロシアには約300の銀行があるが、まず大手行を対象に国際決済から締め出す。欧州のエネルギー調達への影響を抑えるため、最大手のズベルバンクとエネルギー部門に強いガスプロムバンクは排除を見送った。

SWIFTから排除されるのはVTBバンクのほか、VEBバンク、バンクロシア、オトクリティ銀行、ノビコムバンク、プロムスビャジバンク、ソブコムバンクの7行。総資産は外銀を含む全体の2~3割にのぼる。

EUのフォンデアライエン欧州委員長は声明で「これはEUの歴史上、最大の制裁措置だ」と力説した。欧州委によると、制裁は10日以内に発動される。ロシアの行動次第では「(制裁リストに)ロシアの銀行を追加する用意がある」と表明した。

VTBバンクは主に貿易決済を担う国営銀行でズベルバンクに次ぐ資産規模(約20兆ルーブル)を持つ。VEBバンクは政府系の開発対外経済銀行でインフラなど国家事業に資金を供給している。

SWIFTは世界の1万を超える金融機関が参加する民間の国際決済ネットワーク。EUはSWIFTに対して、ロシア7行の決済網からの遮断を要請する。決済網から排除する追加制裁案は、米欧カナダの6カ国とEUが2月26日に打ち出し、具体的な対象が焦点になっていた。

ロシア国内に1万4000カ所の拠点を持つズベルバンクは、ひとまずSWIFT排除の対象から外した。欧州はロシアにエネルギー調達を依存しており、貿易の決済網を残す狙いがある。ただ、ズベルバンクには米国が既にドル決済を禁じる独自制裁を科しており、多くの銀行は送金停止などの検討に入っている。ロシアは預金の2割が外貨とされ、米当局によるドル取引の禁止は影響が大きい。

国際社会は過去にも制裁手段としてSWIFTから銀行を排除したことがある。2012年と18年、核開発を進めたイランをSWIFTから遮断。18年時はイランの通貨リアルの価値がその後に6分の1に暴落した。ロシアも通貨ルーブルが急落しており、銀行には現金を求める客で行列ができるなど経済社会は大きく混乱している。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン