/

この記事は会員限定です

国債売買、21年ぶり低水準 民間・海外勢 市場離れ

スイス系UBS、特別資格返上 5月 日銀頼み一段と

[有料会員限定]

日本の国債市場の機能不全が深刻になっている。5月は10年債の業者間の売買高が約21年ぶりの低水準になり、6月1日には約11カ月ぶりに売買が成立しなかった。2年債や20年債など幅広い年限で売買が成立しない日も相次ぐ。日銀は国債市場の活性化を狙った措置を3月に講じたが、海外勢の関心の低下などで取引は低調なまま。市場の閑散ぶりは一段と極まり、国債消化で日銀頼みから抜け出せなくなるリスクが高まっている。

業者間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1679文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン