/

この記事は会員限定です

非財務情報 定量化への圧力

十字路

[有料会員限定]

企業の非財務情報開示を巡る動きが慌ただしい。ビジネスモデルの長期持続可能性を見極めるべく、環境問題や社会課題への対応など非財務的な情報に着目するESG(環境・社会・企業統治)投資の拡大を背景に、様々な開示フレームワークや細則が提供・アップデートされてきた。

開示側は数ある非財務情報の中から、成長戦略に影響する「マテリアルな」テーマの適切な特定に努め、投資家側は提示された価値創造シナリオを理解して深...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り546文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン