/

野村、30年までに排出ゼロへ 再エネに切り替え

野村ホールディングスは28日、温暖化ガスの排出量を2030年までに実質的にゼロとする目標を設けたと発表した。自社で使う電力をすべて再生可能エネルギーに切り替える。脱炭素に取り組む取引先を後押しするため、25年度末までの5年間にグリーンボンドなど社会課題の解決につながる計1250億ドル(約14兆円)分の資金調達に関わる目標も掲げた。

国連環境計画の金融イニシアチブが立ち上げた「ネット・ゼロ・バンキング・アライアンス」に加盟し、投融資先の排出ゼロに向けた情報開示も積極的に進めていくとしている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン