/

この記事は会員限定です

融創中国、24年償還のドル建て債を一部買い戻し

信用不安説、沈静化狙う

[有料会員限定]

【上海=土居倫之】中国の不動産大手、融創中国は27日、2024年2月償還の米ドル債の一部を流通市場で買い入れたと発表した。金額は3360万㌦(約37億円)。インターネット上に流出した文書をきっかけに浮上した信用不安を鎮静化する狙いがある。

買い入れた米ドル債は償却し、財務負担軽減につなげる。

同社を巡っては、インターネット上に「キャッシュフローと流動性の面で大きなハードルと困難に直面している」など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り349文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン