/

日経300、オープンハウスと大王製紙を補充

日本経済新聞社は日経株価指数300の構成銘柄の一部を2022年1月11日に入れ替える。NIPPOとトッパン・フォームズを除外し、オープンハウスと大王製紙を補充する。NIPPOとトッパン・フォームズがそれぞれ親会社などによる友好的なTOB(株式公開買い付け)の結果、上場廃止となる可能性が極めて高いと判断し、除外を決めた。

日経500種平均株価も同日付でNIPPOを外す。代わりにレーザーテックを加える。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン