/

商工中金と東日本銀行、スタートアップ支援で連携

商工組合中央金庫と東日本銀行は28日、スタートアップ企業の支援や企業の経営改善支援などで連携する覚書を結んだ。協調融資などで連携し、単独では融資が難しかったスタートアップ企業への資金支援を強化する。情報交換などを通じ、新興企業など新たな取引先の開拓も協力して進める。

商工中金が地域金融機関とスタートアップの支援で協定を結ぶのは初めて。東日本銀行が地盤とする首都圏などで連携する。2者で協業することで、審査が難しく単独では融資などが難しかったスタートアップ企業に対しても積極的な資金供給ができるようになるとみる。

連携協定では、企業の事業再生や経営改善の支援でも協力することを決めた。中小企業の事業再生計画の策定支援や協調融資、デット・エクイティ・スワップ(DES)などの再生手法に関する協調などを想定する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

地方銀行や信用組合、信用金庫の最新ニュースをまとめました。人口減少が進む地方で経営統合による経営力強化や新規事業、地方企業育成などを進める各金融機関の最新ニュースや解説をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン