/

この記事は会員限定です

投機筋、カナダドル2カ月ぶり売り越し 景気減速に警戒

[有料会員限定]

米商品先物取引委員会(CFTC)の22日時点のデータによると、ヘッジファンドなど投機筋の売買動向を映す「非商業部門」のドルに対するカナダドルの取引額は4.9億カナダドル(約480億円)の売り越しだった。カナダ銀行(中央銀行)は2日に利上げを決定しており、投資家は利上げに伴う景気減速に警戒を強めている。

カナダドルが売り越しに転じたのは約2カ月ぶり。利上げによるカナダの景気減速懸念が根強いなか、米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン