/

この記事は会員限定です

コロナ融資、柔軟に条件変更を 自民党が緊急提言

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍の長期化で、金融機関や信用保証協会が企業向け融資の返済条件を変えないことへの警戒感が強まっている。自民党は28日、企業の実情に応じて返済開始の先送りなど柔軟な対応を求める緊急提言を政府に提出。財務省や金融庁なども3度目の緊急事態宣言に合わせた資金繰り支援の強化を金融機関に要請する。

政府系や民間の金融機関を通じた実質無利子・無担保の融資では、返済を猶予する据え置き期間を最長5年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り532文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン