/

この記事は会員限定です

「円安・株高」連動薄れる 生産移転・輸入負担で恩恵減少

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

対ドルでの円安と日本株高の連動を示す相関係数が下がっている。日本企業が進めてきた海外への生産移転などで、円安による輸出増加といった恩恵を受けにくくなっているためだ。海外投資家は「円安=株高」の投資戦略を改め、一部には円安が企業業績に与えるマイナス面を警戒する声もある。

10月は円安と日本株安が同時に進んだ。円は通貨の総合的な強さを示す実効為替レート「日経通貨インデックス(2015年=100)」で前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1723文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン