/

この記事は会員限定です

地銀の越境融資、2年で10兆円増 与信管理に火種

[有料会員限定]

地方銀行が県外に貸し出す「越境融資」を増やしている。新型コロナウイルスで地方の新たな資金需要が低迷する中、大都市や近隣県に所在する企業への貸し出しや住宅ローンで少しでも収益を増やそうとしているためだ。ただ、県外企業への十分な貸し出し審査体制を整えている地銀は多くはない。住宅ローンの金利引き下げ競争が地銀の経営体力を奪い、再編の土壌となる可能性もある。

「他県の地銀や地元信用金庫との競争は年々激化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン