/

この記事は会員限定です

しがらみなきトップの孤立 みずほ、改革に功罪

みずほ問題の教訓㊤

(更新) [有料会員限定]

2021年に8度のシステム障害を起こしたみずほフィナンシャルグループ(FG)の坂井辰史社長が来春の辞任に追い込まれた。2月末の最初の障害から約9カ月。みずほ問題はどんな教訓を残したのか。

「本当に申し訳ない。繁忙期を控えご苦労をかけますが、私もおわびでも何でもやるので乗り切っていただきたい」――。

29日夕、社員向け説明会で坂井社長は画面越しに深々と頭を下げた。8月の記者会見では「再発防止をしっかりやっていくのが私の責任のあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1229文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン