/

この記事は会員限定です

ニッケル・小麦…危機が招いた急騰 正念場はこれから

[有料会員限定]
ロシアのウクライナ侵攻は、金属市場を大きく揺さぶっている。株式市場で大量の株式を売った投資家はいったんマネーを安全資産の金、銀、プラチナに退避させた。一部は小麦など農作物にも向かっている。(山下真一)

3月上旬、ロンドン金属取引所(LME)では、ニッケルの3カ月先物価格が急騰し、過去最高値を付けた。一時取引を停止する事態に及び、前年比2倍の水準で推移している。

高騰の背景には、中国のニッケル企業が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2142文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン