/

この記事は会員限定です

フィンテック「強者連合」加速 日本勢、出遅れ懸念

(更新) [有料会員限定]

決済系フィンテック企業による国境を越えた合従連衡が加速してきた。後払いサービスのクラーナ(スウェーデン)が26日、米ストライプと提携。8月には米スクエアが豪アフターペイを3兆円強で買収すると発表した。デジタル市場は先行者利益が大きく、すでに勃興期から強者連合づくりの局面に入っている。日本勢が乗り遅れれば、シェア奪回の機会を逸することになる。

クラーナは2005年創業で、17カ国で後払いサービスを展...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン