/

この記事は会員限定です

SDGs債発行銘柄、国内勢が思惑買い 

長江優子

[有料会員限定]

日経平均株価がさえない中、社会課題の解決にあてるソーシャルボンド(社会貢献債)や環境に使途を絞ったグリーンボンド(環境債)といったSDGs債の発行を発表した企業の株価が好調だ。ESG(環境・社会・企業統治)の取り組みが本格化するとの期待から思惑買いが広がる。機関投資家は企業が調達資金で企業価値を向上させられるかを注視しており、実績を証明できれば、関連銘柄の株価の押し上げ要因となりそうだ。

「SDG...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1075文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン