「目指す姿は投資+商業銀行」 佐藤康博みずほFG前会長 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

「目指す姿は投資+商業銀行」 佐藤康博みずほFG前会長

金融直言

[有料会員限定]

みずほフィナンシャルグループ(FG)が本格始動しておよそ20年がたつ。国内金融はメガバンク体制となったが、戦後の高度成長を支えた銀行の黄金時代は取り戻せそうにない。産業金融の全盛期から20年の長い停滞期までの国内金融をどう総括し、どう未来を描くのか。22年春にみずほFG会長を退いた佐藤康博氏に聞いた。

――この20年、銀行の預貸ビジネスが思うように伸びません。日本のメガバンクはなぜつまずいたので...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2427文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

金融直言

日経電子版「金融直言」は、金融分野のキーパーソンとの経済社会問題の本質に迫る白熱したやりとりを生き生きとした筆致で描くインタビュー形式のコラムです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません