/

この記事は会員限定です

世界株、資源・機械に主役交代 金利上昇でハイテク失速

[有料会員限定]

ロシアによる軍事侵攻を機に、世界株の主役がハイテクから資源に変わった。昨年末からの主要株の推移をみると、資源全般の需給逼迫でエネルギー株が急騰したほか、農機や建機など関連業種にも買いが広がる。一方、半導体などハイテク関連株は金利上昇もあって失速。足元で株式相場は上向きつつあるが、けん引役は大きく異なっている。

昨年までの株式市場の主役はハイテク関連株だった。インフレ懸念は強かったが、欧米の経済成...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1461文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン