/

この記事は会員限定です

「優しいFRB」潜む危うさ インフレ圧力、過小評価も

金融政策・市場エディター 大塚節雄

[有料会員限定]

市場参加者の関心を集めた経済シンポジウム「ジャクソンホール会議」で、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が年内の量的緩和の縮小(テーパリング)開始に前向きな意向を示した。9月決定の主張とは距離を置き、早期の利上げにも慎重姿勢。27日の米市場は株高・金利低下で反応した。だが、「無風」のジャクソンホールがこの先の市場安定を保証するわけではない。

7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明で強く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1716文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

「Market Beat」は世界のマーケットを俯瞰しながら、最先端のトピックやテーマをベテラン記者が独自の視点で取材・分析するコラムです。市場の動きを通じて世界経済の今をお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン