/

値動きか? 成長か? 価値を生み出す源泉に注目しよう

積立王子への道(29)

投資の世界で「積立王子」のニックネームを持つ筆者が、これから長期投資に乗り出す後輩の若者にむけて成功の秘訣を伝授するコラムです。

マーケットは巨大な宇宙なんだ

まずはマーケットについての復習だ。世界の株式市場の時価総額を全部足すと、どのくらいになると思うかい? 2021年3月末時点で過去最高の約106兆ドル。日本円に換算するとなんと1京円、1兆円の1万倍を超える規模になる。これだけ天文学的な額の資金が世界中のマーケットを出入りしているんだ。

参加しているのは長期投資家ばかりではない。むしろ相場に勝負を挑んでいる投機マネーの方が圧倒的に多い。目先の値動きこそが利益を得る機会、今すぐもうけたいという短期志向の参加者たちだ。そんな人たちの感情の集積が日々の価格変動に反映されるわけだ。短期的投機マネーの関心事は目先の価格変動のみで、リターンの源泉を値動きを予測して当てる行為に求めている。そこでは投資対象の事業成長力といった本源的価値は二の次なんだ。

人間の感情はコントロールできない

さて、短期志向の投資家も人間だ。人間はいつも感情をコントロールして合理的に判断できる生き物だろうか? そんなはずはないよね。さらに他人の行動に影響を受けて同じ反応をしてしまいたくなる生き物でもある。多くの人が買っているのを見れば、自分も遅れまいと買いたくなるし、大勢が売っていれば自分が取り残されて損する恐怖から売りたくなるもの。そうした非合理的な人間の感情が集まって日々の株価になっている。それを「合理的に当て続ける」ことは困難だ。だからこそ短期的な相場は不規則に上下するんだよ。

長期投資のリターンの源泉は成長

では我々、長期投資家はどう違うか? リターンの源泉を求める先が決定的に違うんだ。投資対象の事業成長こそがリターンの源泉と捉えている。成長期待が実現すればその価値に見合った価格へと株価が上昇していくはずだという、長期的な値動きを信じて投資するわけだ。もちろん事業が新たな価値を生み出し、経済成長に貢献するには相応の時間が必要だ。それも覚悟の上で、じっくりと投資対象を保有し続けるのだ。

ここで重要なのは株式市場というものの本質的な特性を知っておくことだ。株価は短期的には不規則に動くが、長期的には投資対象の本来あるべき本源的価値に立脚した価格水準へと収れんする。本源的価値とは「新たな富を生み出す力」といったところだ。それがきょうの主題、長期投資家に必要な心構えの第4条「価格が価値に収れんするのをじっくり待つこと」なのさ。

成長できる対象の価格は価値へと収れんする

短期的な値動きは時に市場参加者の集団心理を刺激して「〇〇ショック」と名がつくような大きな下落を導くことがある。同様に欲望が過熱すれば急騰することもある。そんな反復運動をランダムに繰り返しながらも、成長が実現していれば時間の経過に従って、価格はあるべき水準に収れんしていく――。これが長期投資で時間を味方につけて待つうえでの原理原則なのだ。

そして再三、キミたちに伝え続けてきたことだが、成長できない投資対象の価格は、長期保有しても上がらないのも道理だ。大前提は成長期待を見いだせる投資対象へとお金をしっかりと働きに出すこと、この点を思い出してほしい。2人の長期投資の旅の途上では、この先も必ずや大きな価格変動を体験する。それでも自分のお金が経済活動の糧として成長軌道に乗って働いていることが実感できていれば、暴落時だってどっしり構えた長期投資家でいられるはずだよ。

中野晴啓(なかの・はるひろ)
セゾン投信株式会社代表取締役会長CEO。1963年生まれ。87年クレディセゾン入社。セゾングループ内で投資顧問事業を立ち上げ、運用責任者としてグループ資金の運用等を手がける。2006年セゾン投信(株)を設立。公益財団法人セゾン文化財団理事。一般社団法人投資信託協会理事。全国各地で年間150回講演やセミナーを行っている。『預金バカ』など著書多数。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

積み立て投資には、複利効果やつみたてNISAの仕組みなど押さえておくべきポイントが多くあります。 このコラムでは「積立王子」のニックネームを持つセゾン投信会長兼CEOの中野晴啓さんが、これから資産形成を考える若い世代にむけて「長期・積立・分散」という3つの原則に沿って解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン