/

この記事は会員限定です

SBI・新生銀行連合が狙う地銀新秩序 販売力の弱さ課題

[有料会員限定]

SBIホールディングスの狙う地方創生戦略が「第2幕」に入る。北尾吉孝社長は27日の決算説明会で「地方創生のトライアングル戦略」を公表した。2021年12月に買収した新生銀行の機能、これまで築いた地銀ネットワーク、そしてSBIグループの300社超のプラットフォームを結びつけると宣言した。新生銀行が地銀の買収主体になる可能性にも言及した。

「銀行・ノンバンクに傾斜的に資源を配分する」。北尾氏が強調し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り687文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン