/

この記事は会員限定です

機械株に長期マネーの足音 円安、設備投資に追い風

小池颯

[有料会員限定]

一部の欧米の機関投資家の間で、日本の機械株への関心が高まっている。指標面の割安さに加え、円安を背景に製造業の国内回帰が広がり、ファクトリーオートメーション(FA)などの内需が上向くとの期待が背景にある。景気不安が根強い一方で、粘り腰をみせる国内の設備投資を取り込めれば、長期マネーが厚みを増す可能性がある。

28日の東京株式市場で、東証業種別株価指数「機械」は朝方に前日比1.4%安と大きく下げたあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1145文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

スクランブル

株式市場の日々の動きと要因、見通しなどを緻密な取材を元にわかりやすく分析、解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません