/

この記事は会員限定です

商品全面高に変調 木材や原油下落、アルミは高値

上昇品目には供給制約

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

初夏まで全面高の様相だった非鉄や穀物といった国際商品の値動きに格差が生じている。中国の景気減速などを背景に鉄鉱石やゴム、原油は下落に転じ、投資マネーが高騰に拍車をかけた木材は急落した。なお上昇が続く品目は供給制約の影響が大きい。上下に大きな動きが企業収益など経済を揺さぶっている。

主な国際商品の8月末時点の先物価格を6月末と比較したところ、下落した品目が多い。

原油は新型コロナウイルスの感染再拡大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1446文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン