/

この記事は会員限定です

農林中金が食農スタートアップ投資 5年で145億円

[有料会員限定]

農林中央金庫は今後5年間で、農業や食品関連の企業に計145億円を投資する。主に農業技術や食品加工、流通関連のスタートアップ企業を対象とする。投資先企業の成長を通じて農林水産物の付加価値をより高める流通の仕組みをつくり、事業基盤である第1次産業の安定につなげる。

投資事業は農林中金をはじめとするJAグループと、日本政策金融公庫が出資するアグリビジネス投資育成(東京・千代田)が手掛ける。アグリ社はこれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン