/

この記事は会員限定です

投資ファンド、相次ぎ介護買収 中小乱立で再編余地

(更新) [有料会員限定]

投資ファンドによる介護事業者のM&A(合併・買収)が増えている。国内系のポラリス・キャピタル・グループ(東京・千代田)は埼玉県地盤の中堅の買収を決めた。新型コロナウイルス禍など経営環境の悪化で外部から支援を得たい企業側と、市場拡大が見込めて社会的意義も示しやすいとみるファンド側双方の事情が背景にある。資金力のあるファンドが主導し、中小が乱立する介護業界で再編が進む可能性がある。

ポラリスが買収を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1458文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン