/

この記事は会員限定です

社債「守り」の短期シフト 金利上昇に備え

変動型レバレッジドローンにも資金

[有料会員限定]

世界の社債市場で金利上昇リスクに備えた投資家の資産の入れ替えが加速している。価格が下落しやすい長期社債の上場投資信託(ETF)が敬遠され、短期社債への資金シフトが進む。低格付け企業への投資では、変動金利で価格が下がりにくい「レバレッジドローン」への資金流入額が5年ぶりの大きさとなった。米国の金融引き締めが迫り、「守り」の運用に傾いている。

満期まで20年以上の社債が組み入れ銘柄全体の7割を占める...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1188文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン