/

この記事は会員限定です

東証プライムの売買代金、5週ぶり低水準 材料不足で

[有料会員限定]

27日までの1週間で東証プライム市場の売買代金の1日平均が活況の目安とされる3兆円を下回り、4月中旬以来5週ぶりの低水準になった。日経平均株価はインフレ懸念などから2万6500~2万7000円のレンジ相場で上値を追いにくい。決算発表が一段落し円安・ドル高の流れが一服するなど、材料不足も売買低調の要因とみられる。

東証プライム市場の売買代金は27日まで6営業日連続で3兆円を下回り、23~27日の平...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り472文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン