/

この記事は会員限定です

三菱UFJ信託、従業員株報酬の管理代行 企業の負担減に

[有料会員限定]

三菱UFJ信託銀行はクラウドサービスを通じ、企業に代わって従業員へ株式を付与する報酬制度の管理業務を始める。ポイントの計算や帳票の作成など企業側の負担を軽減し、利用が低調な従業員向け株式報酬制度の導入を後押しする。

従業員に報酬として自社株を与える制度は「日本版ESOP」と呼ばれる。職位や業績、株価などあらかじめ設定した指標に応じてポイントを付与し、一定の期間に獲得したポイントの数で自社株を交付...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り486文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません