/

この記事は会員限定です

レバ型ETFの売買急増、1年半ぶり多さ 逆張り個人が買い

[有料会員限定]

27日の東京株式市場で、日経平均株価の2倍の値動きを目指して運用する「レバレッジ」型の上場投資信託(ETF)の売買が急増した。代表的なETFの売買代金は前日比2.2倍に増え、2020年6月以来およそ1年半ぶりの多さとなった。同日の大幅株安を受け、買い時とみた個人投資家の逆張り投資が活発だった。

「NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信」の27日の売買代金は3230億...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン