/

この記事は会員限定です

銅、1万ドル突破し約10年ぶり高水準 最高値迫る

世界経済回復・脱炭素化映す

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

29日のロンドン市場で銅の国際価格が1トン1万ドルを突破し、約10年ぶりの高値水準を付けた。新型コロナウイルスの感染拡大で需要が一時急減した2020年3月の安値(4371ドル)に比べて2倍超になった。ワクチン普及や各国の大規模財政政策に伴い、世界経済が急回復していることを映した。世界的な脱炭素化に伴う需要増加期待に伴う投資マネー流入も銅相場を押し上げている。

国際指標となるロンドン金属取引所(LM...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り439文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン