政策金利とは 物価安定を図るため中銀が上げ下げ - 日本経済新聞
/

政策金利とは 物価安定を図るため中銀が上げ下げ

きょうのことば

政策金利 中央銀行が景気や物価の安定を図るための政策上の手段として上げ下げする金利。一般的に金利は高ければ高いほど資金需要が鈍るため、景気の過熱やインフレを抑える目的で金利を上げる。景気が悪く物価上昇率が低迷している時には金利を下げて景気を刺激する。

米国の政策金利はFF(フェデラルファンド)金利と呼ぶ。米国の民間銀行が資金をやり取りする際に使う短期金利だ。現在の政策金利は0~0.25%で、これ以上引き下げ余地のない事実上のゼロ金利政策とされる。米連邦準備理事会(FRB)はリーマン・ショック時にゼロ金利政策を導入した後、2015年から段階的に利上げを進めた。ただ19年から利下げに転じ、20年3月には再び政策金利を事実上ゼロまで引き下げた。

日銀もかつてはFRBと同様に短期金融市場の金利を政策金利としていた。ただ現在では長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)の下、金融機関が日銀にお金を預ける際の金利の一部をマイナス0.1%、長期金利の指標となる新発10年物国債利回りをゼロ%とする世界的にも異例の政策を導入している。

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません