/

この記事は会員限定です

シニアの住まい、広がる選択肢 早めに介護に備え

人生100年の羅針盤

[有料会員限定]

「人生100年」時代には、子どもが独立して夫婦2人の生活を送る期間も長くなる。その場合に住まいをどうするかは大切な問題だ。子どもたちと一緒に暮らしていた大きな家は修繕費用もかかり持て余す場合もある。それでも住み慣れた自宅に住み続けるのか、少し小さな家に住み替えるのか。介護が必要な状況になれば、有料老人ホームなどの選択肢もある。費用や夫婦の健康状態を踏まえて早めに検討しておきたい。

子育て後の住ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1767文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません