/

芝浦機械、一時13%高 増益予想を好感も

話題の株

27日の東京株式市場で芝浦機械株が一時、26日比370円(12.8%)高の3255円まで上昇した。26日の決算発表で、2023年3月期の連結純利益が前期比13%増の42億円になるとの見通しを示した。増益予想を好感した買いが入った。

終値は26日比150円(5.2%)高の3035円だった。売買代金は26日比で3倍以上に膨らんだ。

電気自動車(EV)関連事業の成長を期待する声もある。EV向け電池用部材のバッテリーセパレーターフィルム(BSF)製造装置は「受注高が予想を上回り、これまで主力だった中国以外の地域からの引き合いがある点が評価できる」と大和証券の猪股彩香氏は話す。「世界経済が不透明さを増す中、EV関連の市場は安定しそうだ」(国内証券)との声もあった。

ただ、22年3月期の売上高実績は中国の都市封鎖(ロックダウン)の影響で事前の会社計画に届かなかった。23年3月期の売上高見通しも、前期比11%増の1200億円とQUICK・コンセンサス予想を10%下回るなど、販売の伸び悩みへの懸念が残る。「前期の業績未達をみると今期の業績にも不安がある。業績に信頼感が出ないと中長期的な株価上昇は見込めない」と東海東京調査センターの大平光行氏は指摘する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン