/

この記事は会員限定です

三井住友海上、貨物の損害リスク検知 センサーで警告

[有料会員限定]

三井住友海上火災保険は2023年度中に、輸送中の貨物が事故や盗難に遭うリスクを検知するサービスを始める。専用のセンサーをつけて貨物の現在地や衝撃、船内の明暗や温度を把握し、破損や盗難の可能性を警告する。貨物の荷主となる製造企業などを対象とする。ウクライナ危機による貨物の遅延など物流環境が悪化するなか、事故や盗難のリスクが高まっていることに対応する。

主要顧客は貨物保険に加入する荷主とし、食品や精...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り600文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません