/

この記事は会員限定です

環境技術、マネーが勝ち組を選別 水素生成・CO2貯留… 

[有料会員限定]

温暖化ガス削減につながる先端的な環境技術を持つ企業に投資マネーが集まっている。注目は再生可能エネルギーを使う発電で生成する「グリーン水素」、二酸化炭素(CO2)を回収・貯留する「CCS」、電気の効率利用を促す「EaaS」の3つで、関連企業の株価が堅調だ。電気自動車と並ぶ新しいビジネスに投資マネーが回り成長につながれば、脱炭素に弾みがつく。

グリーン水素は風力や太陽光など再生エネによる電力を使い、水...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2318文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン