/

この記事は会員限定です

輸出株、円安で高値 中国関連銘柄は上値重く

[有料会員限定]

東京株式市場で自動車や電気機器など輸出関連株の一角が買われている。27日の外国為替市場で一時、1ドル=110円台後半まで円安が進行し、円安が恩恵となる銘柄に資金が流入した。一方、不動産市況の悪化が景気の下押し圧力になると懸念される中国への輸出が多い銘柄は上値が重い。

27日の東京株式市場では東証業種別「輸送用機器」が前週末比1%高となり、約6年ぶりの高値を付けた。個別でもトヨタ自動車が2%高と上場来高値を更新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り721文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン