/

この記事は会員限定です

米緩和縮小「半年で完了も」「利上げに時間」市場の見方

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は27日の講演で、米国債などを買い入れる量的緩和の縮小(テーパリング)について年内の開始に前向きな姿勢を示した。同時に「将来の利上げ時期の直接的なシグナルにならない」とも指摘したことで、27日の米金融市場では株高、金利低下が進むなど、いったんは安心感が広がった。米国の緩和局面の転換はどのような影響を与えるか。国内外の市場参加者に今後の見通しと注目点を聞いた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2709文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン