/

この記事は会員限定です

為替介入の成否、「持久戦」カギ 円安バイアス根強く

編集委員 小栗太

[有料会員限定]

円安・ドル高基調が続くなかで、政府・日銀による円買い介入の期間と金額が成否のカギになるとの見方が市場に広がっている。貿易赤字による需給面からの円安圧力がヘッジファンドの円売りの後ろ盾になっているためだ。インバウンド(訪日外国人)需要の回復による円買い需要が見込めるまで、介入で需給の円売りを緩和できるかがポイントになりそうだ。

「単発の介入で円相場の動きが止まった例は一度もない」。JPモルガン・チ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1117文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン