/

この記事は会員限定です

原料高、地銀が企業支援 大分銀行は最長3年返済猶予

[有料会員限定]

原油高や物価高に苦しむ企業を対象に地方銀行が独自の対策に乗り出す。経営改善計画の策定を条件に融資の借り入れや返済条件を緩め、不採算部門の切り離しなどで事業の立て直しを進める。従来の支援は資金繰りの改善にはつながってきたが、企業の生産性が高まらない例が多かった。銀行が関与を強めて収益構造の転換を急ぐ。

政府は原油高・物価高対策として、政府系金融機関による実質無利子・無担保融資(通称、ゼロゼロ融資)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1088文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン