/

この記事は会員限定です

ペットの病気、保険で備え 補償範囲や年齢を確認

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染が拡大して以来、犬や猫などを飼い始める人が増えている。ペット関連の支出で意外と膨らみやすいのが、ケガや病気の際の医療費だ。1年間に10万円を超えるようなケースもある。高額の負担を避けるためには、ペット保険に加入するのも一案だ。

ペットフード協会(東京・千代田)の調査によれば、2021年の犬の飼育頭数は推計約710万頭、猫は同約894万頭。特に飼い始めて1年以内の新規飼育は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1576文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン