/

この記事は会員限定です

メルカリ前CFOらのファンド、192億円に 6割が海外から

[有料会員限定]

メルカリ前最高財務責任者(CFO)とモルガン・スタンレー投資銀行部門元幹部が設立した投資会社、ミネルバ・グロース・パートナーズ(東京・港)が1号ファンドの設立を完了した。金額は192億円と、当初目標の150億円を上回った。資金の出し手の6割強が海外投資家で、日本のスタートアップ投資への関心の高まりを映した。

独立系ベンチャーキャピタル(VC)の1号ファンドとしては最大規模となった。海外の運用会社や年金基金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り346文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン