/

この記事は会員限定です

損保ジャパン、タクシーの安全運転支援 事故データ提供

[有料会員限定]

損害保険ジャパンは事故データを外部企業に提供し、安全運転を支援する仕組みをつくる。事故が起きやすい地域に近づくと音声で注意喚起し、タクシー運転手の行動が変わるか確かめる実証実験をして2022年度の商品化をめざす。将来は運送業やカーシェアリング業者にも展開する。導入企業の事故を減らし、自動車保険料の割引きにつなげる。

まず16~20年度に取得した全国で数百万件の事故データを匿名化して、タクシー配車...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り437文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン