/

この記事は会員限定です

グリーン燃料、割高感薄く 天然ガス系と価格差縮小

(更新) [有料会員限定]

脱炭素時代の燃料として期待される「グリーン燃料」の価格競争力が増している。通常のアンモニアや水素が天然ガス価格の高騰でコスト高になったのに対し、「グリーンアンモニア」や「グリーン水素」は価格が安定し、割高感の解消が進んだためだ。今後、価格差が一段と縮小すれば普及に弾みがつきそうだ。

グリーンアンモニアやグリーン水素は、水や空気から風力や太陽光など再生可能エネルギーで発電した電力を使って精製する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1067文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン