/

「金」を買いたがる日銀OBたち

これは実話である。

筆者は「団塊の世代」ゆえ、後輩たちから「資産運用」について個人的アドバイスを請われるケースが多い。

そのなかで、「金投資」に強い関心を示すのが知り合いの日銀OBたちのグループだ。既に金購入を決めているので、質問は具体的で「いつ、どこで買えばよいか」。

筆者が「なぜ金に興味を持つのか」を問うと「量的緩和政策に直接関与してきた。円はいくらでも刷れることを職場で実感してきたので、なにか刷れない資産を模索して通貨の原点である金に回帰した」と語る。「虎の子の退職金を円では持ちたくない」とまで言い切る。通貨の番人を40年務めあげた人物のコメントゆえ、筆者の背筋がヒンヤリする。

財務省OBの知り合いも、退官後、金を買いたがる傾向がある。

キャリア組として中核にいた人物が「日本はいつかジンバブエになる」と真顔で語る。トンデモ本に感化されたわけでもない。「自分は日本国のバランスシートを作成してきた。退職金を円で保有するリスクを痛感している」と平然と語る。

いずれも、親しい仲ゆえ、本音が飛び出す。「豊島さん、これからは金の時代ですよ」と彼らから言われると「アンタにいわれたくないよ」と返してしまう。有事の金、金価格の高値更新のニュースも、このおじさんたちのハートをわしづかみにしたようだ。筆者は資産運用で主役は株、金は脇役。有事の金のドカ買いは悪魔の選択、と冷ややかに諭す。

なんとも考えさせられる現象である。

これとは異次元だが、似たようなエピソードが米国にもある。

グリーンスパン元米連邦準備理事会(FRB)議長が、退官後、講演料が当時で10万ドル近くに跳ね上がった。あるヘッジファンドの国際会議で講演したとき、事務局が「先生、講演料ですが、どの通貨で送金しましょうか。ドル、ユーロ、円、どの通貨でも結構ですが」と持ち掛けると、一言「ゴールド」と言ったという。某著名キャスターが番組で紹介した話である。

金の世界では「量的緩和による通貨価値の希薄化」が金が買われる理由の一つとされるが、その実態を筆者は体験してきたわけだ。

今や、米国では量的引き締めの時代に入ったが、日本では量的緩和が継続されている。今後、中央銀行の資産圧縮が進めば、このような事例はなくなるのか。なくならなければ、量的引き締めの実効性がおぼつかないことになる。筆者にとっては金融政策の効果を判定するひとつの縁(よすが)になりそうだ。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン