/

この記事は会員限定です

汎用コーヒー豆、10年ぶり高値 海上輸送の混乱で

[有料会員限定]

インスタントコーヒーに使うコーヒー豆の汎用品であるロブスタ種の国際価格が26日、10年2カ月ぶりの高値をつけた。指標となるロンドン先物(期近)は6日続伸し、前日比137ドル(6%)高の1トン2344ドルと2011年8月以来の高値をつける場面があった。

石光商事の荒川正臣コーヒー飲料部門長は「コンテナ不足など物流の混乱で最大生産国ベトナムからの輸出が滞っていることが相場の上昇圧力となっているようだ」と指摘す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン