/

株私設取引のODXが開業 SBIなど出資

SBIホールディングス三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)が出資する株の私設取引システム(PTS)運営会社、大阪デジタルエクスチェンジ(ODX)が27日開業した。PTSの新設は12年ぶり。国内ではジャパンネクスト証券などに次いで3番目のPTSになる。朏仁雄社長は同日の式典で「PTSが投資家に有益であることを目に見える形で示したい」と述べた。

ODXは野村ホールディングス大和証券グループ本社も出資している。2023年をめどにブロックチェーン(分散型台帳)を活用したデジタル証券の取り扱いを目指している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン