/

マネックスGの前期、過去最高益 純利益4.8倍

マネックスグループが27日発表した2021年3月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前の期比4.8倍の143億円と過去最高益を更新した。暗号資産(仮想通貨)市場の活況で子会社コインチェックの取引が増え、トレーディング収益が膨らんだ。日米での個人投資家の株式取引も活発で手数料収入が大きく増えた。

売上高に当たる営業収益は46%増の779億円だった。27日のオンライン会見で松本大社長は「各部門とも好調でグループ全体の顧客預かり資産は6.4兆円と、上位地銀と同規模にまで増えた」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン