/

この記事は会員限定です

アルミ原料、狭まる対ロ供給網 豪州禁輸で地金再上昇

[有料会員限定]

世界有数のアルミ生産国、ロシア発の供給不安がアルミの国際価格を再び押し上げている。ウクライナ侵攻の制裁の一環として、オーストラリア政府が20日にロシアへのアルミ原料の輸出禁止を決定。アルミ生産に支障が出ることで需給逼迫への懸念が強まった。ロシアのアルミ企業は米欧による直接の制裁対象ではないが、原材料の供給網が狭まっている。

指標となるロンドン金属取引所(LME)3カ月先物は、1年前より58%高い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1259文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン