/

この記事は会員限定です

米物価上昇の持続に懐疑論 予想インフレ率、長短逆転

[有料会員限定]

米国の物価上昇の持続力に市場が懐疑的な見方を強めている。米物価連動債の利回りから算出する予想インフレ率は、2年先より10年先が低くなる異例の逆転現象が生じた。米連邦準備理事会(FRB)がインフレ加速を警戒して早期の緩和縮小に動くとの見方が後退し、米長期金利はじわりと低下。ドル高が進みにくくなっている。

第2次世界大戦から学ぶ米インフレの教訓――。アトランタ連銀が17日公表したリポートが市場で話題だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1110文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン